「デレステ」川島瑞樹(28)のコミュが酷すぎるwwwwww 






219 名前:売りスレ民@転載禁止()[sage] 投稿日:2016/08/09(火) 14:00:03.56 ID:ADqMrH060
川島瑞樹(28) CV東山奈央








221 名前:売りスレ民@転載禁止()[sage] 投稿日:2016/08/09(火) 14:01:58.01 ID:ptE2QZew0
>>219
ちょっときつすぎませんかねぇ


222 名前:売りスレ民@転載禁止(W1vU653Yx12[LV:100])[sage] 投稿日:2016/08/09(火) 14:02:13.17 ID:BbvrVxwAs
>>219
わ か る わ


223 名前:売りスレ民@転載禁止()[sage] 投稿日:2016/08/09(火) 14:04:27.51 ID:vwQpBqjE0
>>219
最近暑いもんな


224 名前:売りスレ民@転載禁止()[sage] 投稿日:2016/08/09(火) 14:05:42.71 ID:xmf7xjf60
>>219
この文章考えたおっさん死にたくならないのかな


227 名前:売りスレ民@転載禁止()[sage] 投稿日:2016/08/09(火) 14:08:48.08 ID:PWzCKdZg0
>>219
黒歴史


231 名前:売りスレ民@転載禁止()[sage] 投稿日:2016/08/09(火) 14:10:54.46 ID:ORxFd4xc0
>>219
暑さで頭おかしくなりましたか


244 名前:売りスレ民@転載禁止(hV3QQKtSmuI[LV:81])[sage] 投稿日:2016/08/09(火) 14:24:07.13 ID:PdelDqq6v
>>219
BBAなのに無理やり若作りして若い声出してるとかいう複雑な演技をこなす東山ちゃんすき



手遅れみたいですね


関連記事
コメント一覧
  1. 名前: 2016年08月11日 00:41
    自分の頭が悪いせいか、それとも心が濁っているせいか、あるいはその両方かもしれないけど「Missing if you want」のコミュを書かかれたライターさんは志希ちゃんと飛鳥ちゃんを、というかメタ発言で、ある特定のプレイヤーを蔑んでいるように感じられた。タイトルの意味は「君が望むなら、居なくなろうか?」なのだろうか?だとすれば何か色々と崩壊し始めている気がしなくもない。全ては志希ちゃんの、いや、媚薬を生み出してしまった人の責任なのかな。
  2. 名前: 2016年08月11日 01:40
    もしも志希ちゃんが媚薬で片思いの男の子を振り向かせたとして、その男の子は媚薬の影響で今まで持っていた良さの殆どを失ってしまったとしたら、一体どうすればいいのだろうか?志希ちゃんは間違いなく罪悪感を抱いて深く後悔するだろうし、けれど人工心臓などとは違い、一度身体に入ってしまった媚薬は体内から取り除くことはできず、当然、世界線の遡行とやらで元に戻すこともできない訳で(なんかエリス・フローラリアのようなお話になってきた)それでも志希ちゃんが男の子の幸せを願って元の良さを取り戻させようと促すのは、あるいはそれが出来ない不可逆的な現実に失望したりするのは男の子に対して、あまりにも無責任で残酷なことであるのかもしれない。これについて志希ちゃんは科学の実験では観測者のバイアスが入っていないか自覚することが大切だと触れ、変化を受け入れられず同一の存在だとみなす態度は傲慢だとも指摘していた。もしかすると媚薬で男の子を虜にしてしまった志希ちゃん自身も人間関係/化学変化を受けた人物の一人であるのかもしれない。志希も飛鳥もプロデューサーやファンという存在と出会ってしまい化学変化が起きて変えられてしまったから、もう元に戻ることはできない。けれど、「わたし」という存在は水のように不定形であり、水が勝手に水素と酸素に戻ることができなくとも形を変えることはできるように、志希は自分が同じ存在のままでいる必要はないと思っている。このストーリーは意味が分からないとの意見が散見でき、自分もはじめは理解するのが大変だった。けれど飛鳥は、その不安定な化学変化の過程を「進化」の最中と呼んだのかもしれない。だから辿ってきた道のりは間違いではないのかもしれない。正解がないから不安にもなるけど、だからといって間違いというわけでもないんだ。
  3. 名前: 2016年08月11日 01:45
    「Missing if you want」

    ↓裏話だそうです
    ttp://sasakitomoko.jp/2015/11/一ノ瀬志希「秘密のトワレ」発売!/
  4. 名前: 2016年08月11日 01:59
    端的に言えば「わたしは好きな人に思う存分、影響を与えて、その人を化学変化のように否応なく変えてしまうし、わたし自身も好きな人からの影響を受けて否応なく変わり続ける。不安定な変化と不可逆的な現実。でも、それは決して悪いことではない。その揺らぎのある失踪的な世界を楽しもう。だから、プロデューサーさん。新しいあたしも見てね」
  5. 名前: 2016年08月20日 18:31
    志希ちゃんは人を遠ざけたり奇を衒うことで自分を確立しようとしている訳ではなく、自分という存在を客観的に捉えることによって自分という不定形な存在を日々、発見している。それは所謂、日本のナルシシズム性が潜む調和(自己愛的同一化)の精神に基づく客観性もどきではなく心理学といった科学に基づく完全なる客観的なもので。また彼女は自律という意味、以外においてでは自分で自分を必要以上に支配してしまわないように気をつけているのかもしれない。(それが本当の自分への労りであり自己愛であると。家族から愛して貰えなかったのだから自分で自分を愛する他なかった。)たとえば心の持ち方においてセルフイメージで自分の可能性を固定してしまわないように。また彼女はアイドルとしての志希とそうでない志希を別々に別け、他者(プロデューサー)に差し出すのはアイドルの方の志希と言っている。

  6. 名前: 2016年08月20日 19:03
    志希は別に他者をあっちへ行けなどと遠ざけている訳ではないが、志希がありのままの自分でいられるプライベートな時間において、他者(杏ちゃんたち)によって自分という存在がジワジワと自己同一化され固定化され気味になると他者と距離を置こうとする。その代わりアイドル活動が始まればアイドルとしての志希を差し出す。
  7. 名前: 2016年08月25日 00:50
    よーく考えてみたら
    志希ちゃんの生き方って
    もしかしたら超人に勝るのではないか?
  8. 名前: 2016年09月05日 18:05
    志希ちゃんの失踪は他者論にまで通ずるかもしれない。
    彼女は〈わたし〉を定義付けられるのは私しかいないと語った上で
    アイドルとしての〈わたし〉をプロデューサーに差し出した。

    それは契約、すなわち約束であって、志希はプロデューサーと交わ
    した約束を果たそうとすることで、はじめて〈わたし〉は他の誰で
    もない〈わたし〉であると自覚できるのかもしれない。

    責任を果たさなければならないのは、他でもないこの私であると、
    死の代替不可能性を自覚するのと同じプロセスなのかもしれない。
    他者の存在こそが自己のアイデンティティを作り出す。




  9. 名前: 2016年09月14日 16:17
    裏話で石原さんが言っていた二面性というのは、
    スキゾ(分裂)とパラノ(偏執)のことだったんだね。

    フェアリル28話のドリアンは美食家として
    世界をパラノ的に巡っていたけど、ノマドの良さを思い出したのか

    予備知識がないと受け取った情報は無意識に流れ(圧縮)
    それを意識化するにもある程度の知識を必要とするのか(解凍)

    そう考えれば、受け取った情報を解凍できない消費者をオタクと呼ぶのはおかしいね。それなら偏執狂的に、ただ握手会や当選券付きの商品をたくさん買い集めればオタクになれてしまう。それは食べ物を噛まないで飲み込むことに等しい。それが資本主義の問題点とされイスラム教では偶像崇拝だとして忌み嫌われている。オタクというのはたくさん買い集めたとしても、消化して享受できる人のことを指すと思う。昔は区別されていたと思うけど、今ではきちんと区別されていない。それどころかオタクを差別する人まで溢れ出した。エピステーメーだね。
  10. 名前: 2016年09月14日 17:19
    AbemaTVで放送されているアニメのコメント欄を見ると若い子たちの荒唐無稽で阿吽絶叫なコメントでびっしり埋め尽くされている。それは今の若い子達の情報咀嚼力のなさを示しているのだと思う。アニメをきちんと消化できず、丸呑みすることでしか快感を得られなないのだとすれば、どれだけ多くの量を食べられるか、どれだけ流行のものを食べられるか、流行るものを見分けられるか、どれだけ愛しているかで競い合い、互いに貶しあってしまうのも無理はないと思う。貶さなくとも昔と比べれば、自称オタクの関わり合いは全体的に浅く、広く、薄くて、軽い繋がりになってきていると思う。でも、これは「とりあえず、なんでもかんでも丸暗記させておけばいい」という教育が招いた悲劇だと思うし、ゆとり脱却と称して授業時間だけを一方的に増大させる対処では解決できない問題でもあると思う。千と千尋の神隠しでも咀嚼力のなさには警鐘を鳴らしていたと思う。それではせっかくのリベラリズムも意味をなさなくなる。
  11. 名前: 2016年09月18日 00:56
    >>10

    東浩紀『弱いつながり』他者を理解しようとしなくていいし、もっと気軽に無視していい。
    ttp://hentenna-project.com/2015/03/12/weak_tie/
  12. 名前: 2016年09月21日 16:21
    トゥリー、パラノイア
    リゾーム、スキゾフレニア、ノマド
    人格障害、多重人格、解離性同一性障害、ペルソナ
  13. 名前: 2016年09月22日 17:32
    山本寛氏による、オタクの不必要性発言には複数個の問題があるため、稚拙ながら批判する。

    "実は、いわゆる「オタク」層が、金を使わなくなっている。これは推論ではなく、直の声をいろいろ聞いた結果なので、事実だ"

    事実だとあるが、それが真であるかどうかは統計学的な調査と証明が必要であり、反証可能性が十分に残されている以上、事実というものはなく、あるのは主観的な解釈を拾い集めた山本寛の、主観的な解釈でしかない。

    "円盤はもうとうの昔に売れなくなった。そしてグッズも売れない。フィギュアも売れない。ソシャゲも課金しなくなっている"

    続けて彼はこう主張するが、つい数ヶ月前、アプリゲームである
    アイドルマスターシンデレラガールズスターライトステージは、App StoreのトップセールスNo. 1を獲得しており課金しなくなっていると断定することはできず、よって彼のニヒリズムは通用しない

    "で、その割に声がでかい。業界を脅迫し、拘束する。比喩ではなく、『黒子のバスケ』事件など、本当に威力業務妨害をしてしまう"

    また彼は極めて数少ない犯罪事例を殊更に強調した上で、消費者の上げる声と犯罪を同一視し持論の補強を行っている。偏見と憎悪感情に満ちた差別的発言であり到底看過できるものではない。


    "そうなったら、さすがの業界でも、モチベーション的に限界がある。口だけうるさく金を出さない「オタク」という存在に、これ以上媚びる必要があるのか?"

    “そうなったら”には前述の重大な誤りが含まれているが、彼は尚も独善的な持論を展開する。彼の独善的な定義によると、声を上げるものは皆一様にオタクであるとされる。
    しかし、その中にはオタクではなく、オタクや文化全体を毛嫌いするオタクやオタク文化に対するアンチも含まれていても不思議ではない。にも関わらず、オタクを煙たい存在であるかのような印象を植え付けるのは由々しき問題発言である。

  14. 名前: 2016年10月12日 09:32
    るっ!のロゼッタおばさんみたいなネタキャラされても困惑するだけだわw


コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

URLを記載する場合は「http」の「h」を抜いてください
記事と関係ないコメントは控えてください
カテゴリ
検索
最新コメント
RSS